うさぎや+ と 山猫道具店の日々の暮らし

Home > 暮らし

2020.01.20 Mon なぞの飛行機のこと

それは1月18日のことです…。
いつものように山猫道具店の工房で仕事を始めてすぐでした。

「ぐぃーーーーーん」

と、飛行機が上空を飛んでいく音がしたのです。
別に珍しいことではありませんから気にも留めずいたのですが、5分も経たないうちにまた、

「ぐぃーーーーーん」

”今日はよく飛行機がくるなぁ”と、作業を続けていると、また、

「ぐぃーーーーーん」

さすがに気になり外に出てみるとみると、頭の上を謎の飛行機が旋回して飛んでいきました。
中に入ると、また、

「ぐぃーーーーーん」

もう気になって仕方ありません。謎の飛行機もだんだん低く飛んで機体の形や色までわかるようになりました。
「もしかして墜落するのでは!」「北朝鮮のミサイルのが飛んできたのか!」「もしかしたら、私に手を振ってもらいたいのか!」
頭の中では、いろいろな場面がグルグルグルグル駆け回ります。

こんなことが5、6回繰り返されて、謎の飛行機は遠くに… 消えて行きました…。

一体あの飛行機はなんだったのでしょう。
当日のニュースも翌日の新聞も、まったくそのことには触れられていませんでした。

今も、不思議で仕方ありません。

実は写真を撮りました。その貴重な写真がこれです。
IMG_20200118_10465.jpg

2020.01.13 Mon 今朝のこと

昨日と打って変わって、今日は冷たい雨が降っています。
気温も上がらず寒い午前中です。

うさぎやは裂織のかばん作りをしています。
          IMG_20200113_102643.jpg

私は、日ごろお世話になっている鉋とノミの刃砥ぎをしました。        
          IMG_20200113_102655.jpg
これから録画しておいた石原裕次郎と浅丘ルリ子の「夜霧よ今夜も有難う」を観ます。

働かない猫は、やっぱり働かないで毛布にくるまって寝ています。
          IMG_20200113_105045_202001131114376d7.jpg
          
こんな感じでのんびりと時間が過ぎています。

2020.01.07 Tue うさぎやダウンする

一昨日あたりから風邪気味だと言っていたうさぎやが、ついにダウンしました。
なので、今日は一緒に出掛ける予定があったのですが、私一人で出掛けることになりました。
夕方帰宅すると、台所にお医者様の薬が置いてありました。
「おやまあ、そんなに悪いのか」と心配しましたが、夜になったら猫に
「カワイ カワイ チテ ホチインデチュカー? (「可愛い可愛い」と撫でほしいのかい?)」
とヘラヘラして言っていたので治ったようです。具合が悪くなるのも早いが治るのも早い!

今日は遠くに見える山々がとても綺麗でした。
          IMG_20200107_115954.jpg
(写真の山の中に見える A のような線はスキー場です。雪国っぽいでしょう)

2020.01.05 Sun ウルトラマンのエレベーター

今日は、灰色の重たそうな雲に覆われた曇り空
夕方、近くの土手を散歩していると、川の向こうの雲が割れ、太陽の光がまるで地上と天を支える柱のように差し込んできた。

          IMG_20200105_.jpg

立ち止まって見ている私の頭の中に、突如、荘厳なバロック音楽が流れ始めた。
もしかしたら、この光の先にゴース星人に痛めつけられた瀕死のウルトラセブンがいるのではないか?
ウルトラセブンを助けに、天からウルトラマンがゆっくり下りてくるのではないか?
息を飲んで見つめた。
当然下りてくるはずはないのだけれど。それはそれは神々しい現象だった。

家に帰って調べてみると、このような光を「天使の梯子」とも呼ぶのだそうだ。
なんとも素敵な呼び名だが、昭和生まれのおじさんが名前を付けるとしたら「ウルトラマンのエレベーター」だ。

2020.01.04 Sat 正月も終わり

          IMG_20200104_112721.jpg

あっという間に正月の三が日が終わりました。
帰省していた子供たちはそれぞれの場所に帰り、家の中に静けさが戻りました。

今日の午前中は、時折青空が見える良い天気でした。
久しぶりに店に行きました。
1月だというのに雪が全くありません。
おととしは、水道管が破裂していて大慌てでしたが、今年jは何もありません。
明日からでも店が開けそうです。

うさぎやは今日から裂織のかばん作りを始めました。
作業机に布を並べて色や素材を確かめながら、チクチク(手縫い)、カタカタ(ミシン縫い)していました。

私は、これから直す箪笥とローチェストを前にして、あっちをみたりこっちをみたりしながら修繕計画を考えました。

また 二人だけの、いつもの生活が始まりました。