うさぎや+ [usagiya_tasu]の日々の暮らし

Home > 入荷商品 > 会津中湯川旅行記 (中)

2018.11.30 Fri 会津中湯川旅行記 (中)

とことことことこ とことことことこ
うさぎや号は元気に走りを進めています
雪はほんの峠の頂だけで、今はまったくありません

会津坂下町の靴屋さんに入りました。
長靴を買うためです。
今まで履いていた長靴は畑仕事や庭仕事でよく働いてくれましたが、ついに底に穴が空いてしまいました。
「これください」
店員さんにお願いして、後ろをみると、
通路の真ん中で、フリースを着込んで膨らんだうさぎやが足を肩幅に開き、仁王立ちでスマホをいじっていました。
これでは人が通れません。すぐ後ろにいた人がUターンしてしまいました。

「そこに立っていると、ほかの人がとおれませんよ」
「あ、ごめんんささい」

長靴も買いました。
これからは中湯川に直行です。
七日町通り
 驛カフェ…   白木屋うるし店…  会津一番館…
七日町周辺はいつ見ても素敵です。

東山温泉を通り過ぎて、いよいよ山道に入りました。
ダム湖の脇を通り、一本道をどこまでも進みます。

「雪が降ってきましたよ。」
綿のような雪が風に流されながらゆっくり降っています。
「大丈夫かしら、帰れるかしら」
「大丈夫さ!」!(爽やかに力強く読む)

途中に一ノ渡戸という集落があります。
かつてはたくさんの人が生活していたのでしょうが、今はほとんど人が住んでいないようで、いくつかの空き家が静かに佇んでいます。

とことことことこ とことことことこ
やっと工房千想さんの家への降り口にたどり着つきました。
工房千想さんは山道から少し下った山奥の一軒家。
あたりはうっすらと雪が積もり始めています。
家の煙突からは薪ストーブの煙が出ていました。

「ごめんくださーい」
うさぎやが懐かしそうに挨拶をし、中に入っていきました。
          IMG_20181123_111014.jpg

- 続く -
関連記事