うさぎや+ [usagiya_tasu]の日々の暮らし

Home > 入荷商品 > 会津中湯川旅行記(下)

2018.12.01 Sat 会津中湯川旅行記(下)

「誰か来たよ」
「前に見たことあるよ  新潟の人だよ」
「しっ!静かに! 入って来たよ、声が聞こえちゃうよ…」

板の間の棚に飾ってある中湯川人形たちが、薄明りの中でじっと息を凝らして私たちを見ています。

「お久しぶりです」
「どうもどうも」

工房千想の青柳さんは、忙しい中、いつもの優しい笑顔で私たちを招き入れてくれました。
薪ストーブを背に、話に花が咲きます。
私(ピンチ)と青柳さんが話している間に、うさぎやは連れて帰る人形たちを選んでいます。

ふと窓の外を見ると、外には綿雪が風に舞っています。
          IMG_20181123_112040.jpg

「いよいよ冬ですね」
「まだ積もらないよ」

あっという間に時間が過ぎてしまいました。
最後にうさぎやが選んだ人形の名前の意味を教えてもらい、工房千想さんを後にしました。

「また来ます」
「気を付けて」

うさぎや号に乗り込み、もと来た道を戻ります。
外は綿雪が舞っています。

春になって
雪が解けたら
二人でまた来ます。

- 終わり -

この度、連れて帰った人形たちです----------------------
IMG_20181201_135706.jpg

IMG_20181201_135905.jpg

IMG_20181201_135746.jpg

IMG_20181201_135947.jpg

今は作られていない五十嵐民芸さんの赤べこも連れて帰ることができました
IMG_20181201_140125.jpg

来年の干支のイノシシは残りが少なくなりました。
素朴な中湯川人形、きっと福を呼び込んでくれると思います。
関連記事