うさぎや+ [usagiya_tasu]の日々の暮らし

Home > 店のこと

2018.06.25 Mon 6月30日お休みします

6月30日はお店を開ける予定でしたが、仕入れのためにお休みさせていただきます。
ご迷惑をお掛けします。よろしくお願いします。

裁縫箱で仕上がりました。
          IMG_20180622_155353.jpg
正面からみたところです。
優しい色合いに仕上がりました。

          IMG_20180622_155426.jpg
引出しを開けたところです。
これからここどんなものが入るのでしょう。

soldout ありがとうございました

2018.06.02 Sat 昨日の「グミの木」について

昨日のブログの
「一番手ごわかったのはグミの木で、甘くて渋くて痛くて泣かされました」について補足です。

グミの木には、それはそれは恐ろしいトゲがあるんです。
写真で分かるように、これはもうトゲというよりも太い針といってもいいです。
          IMG_20180531_111655.jpg
うっかり枝を掴もうものなら、その針が刺さり、身体を30度のけ反り38cm5mm跳び上がってしまうほど痛いです。
この時も、枝を切ろうと枝を掴んでは「うわー!」とのけ反り、切った枝を運ぼうとして掴んでは「んご!」と飛び跳ね、車に乗せるために長すぎる枝を切ろうと掴んでは「ぐご!」とのけ反ってしまいました。

ちょうど今、グミの実が生っています。
          IMG_20180531_111323.jpg
見るからに甘くておいしそうです。
一粒とって食べると思った通り甘いんですが、その後が渋いこと渋いこと。

今日は営業日です。
もし食べてみたい方はどうぞ。
鳥に食べられてしまうので、チャンスは今日だけですよ。

2018.06.01 Fri 樹木の刈り込みをしました

この時期、庭の木々はぐんぐん伸び、葉っぱもバサバサと茂ります。
毎年少しず刈っていたのですが、今年はどの木も幹や枝先が重たそうになってきたので、思い切って刈り込むことにしました。
鋏とのこぎりを持って、まずは手の届くところから。
一番気になっていたキンモクセイは脚立を立てて、落ちないように気を付けて。
一番手ごわかったのはグミの木で、甘くて渋くて痛くて泣かされました…。

刈り込んだ枝は丸鋸でさらに細かくし、うさぎや号へ積み込みます。
a_2018060106303650c.jpg
うさぎや号の荷台はこの通り、いっぱいになりました。

緑のリサイクルセンターの持ち込んだら全部で35kgもありましたよ。
まだ半分くらいしか終わっていません。

2018.05.28 Mon 6月の予定

早いものでもうすぐ6月です。
6月もイベント出店のため、変則的な営業となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

<6月の営業日>
2日(土) 16日(土) 30日(土)

<イベント出店>
9日(土) 10日(日)
ふるさと会津工人まつり
「裂織工房うさぎや」として出店します 
場所:福島県・三島町生活工芸館前・ナラ林・広場
時間:午前9時~午後4時・10日は午後3時まで 

16日(土) 17日(日)
三条クラフトフェア
「裂織工房うさぎや」として出店します  
場所:三条市槻の森運動公園内芝生広場
時間:午前10時~午後4時30分

23日(土) 24日(日)
御坊市
「暮らしの道具と民芸の店 うさぎや+」として出店します
場所:三条市・三条別院
時間:午前10時~午後4時

イベント出店につきましては、後日詳しい情報をアップいたします。
どうぞ、会場にも足をお運びください。

2018.05.26 Sat ミニヒマワリの種を植えました 他

夏といえばミニヒマワリ!
毎年種蒔きが遅れて、店が休みの8月に満開になっていたミニヒマワリですが、今年は7月中に咲かせます!
種まきしましたよ。それも30ポット分。
IMG_20170830_104451s_201805261759328e2.jpg
昨年はこんな感じでしたが、今年は厚みのあるヒマワリ畑にしたいと、現段階では夢をみております。

というのも、
種から苗を作り、花壇に植えたダリヤが…、ほとんど全滅していました。
英語を話せないくせに、思わず「Oh!My God!」と叫んでしまいましたって。

よくみたら、変な虫がついていました。
予備を持っていたので植え替えましたが、何が起こるか油断なりません。
すぐに、消毒をしたのは言うまでもありません。 ハ~ せっかく時間をかけて育てた苗なのに…

ヒマワリは、虫君たちには食べさせないぞ!

畑も順調ですが、玉ねぎの数が減ったような気がします。
イチゴも…。
畝のそばに毛のかたまりがあったので、もしかしたらタヌキが来たのかもしれません。

まったく油断なりません!
タヌキ君(もしかしたらモグラ君、はたまたネズミ君)、食べたいなら言いに来なさい!