山猫道具店通信

日々の暮らしや仕事のことなどをのんびり発信しています

2022.06.15 Wed ル・レクチェの袋掛けをしました

うっかりして忘れていました。
梅雨入り前にル・レクチェの袋掛けするのでした。

スマホで天気予報を見ると明日からずーっと雨。
もう今日しかないということで、慌てて農園に行きました。
袋掛けをしていない木はは私たちの木くらいくらいでしたよ。
みんなよく覚えていたものだと感心しました。

貰った袋の数は80枚。
この前摘果した実はそれなりに大きくなっていて、その中でも「これぞ!」と思う実に袋を掛けていきます。
DSC_1572.jpg
腰をかがめながらの作業は腰と太ももが痛くなって、時々腰を伸ばさないといけません。
二人がかりで約45分、80袋のかけ終わりました。

次回は収穫です。
どれもぐんぐん育って美味しい実ができるといいです。

2022.06.14 Tue 憧れの「常連」になれたのかも

「行きつけの店」とか「常連さん」という言葉に憧れがありませんか?
テレビドラマなどで、カッコイイ俳優さんが食堂に入るなり

「大将、いつものちょうだい」

っていうやつ。そしてそこから大将と打ち解けた話をするやつ。
前からそういう店がほしいなと思っていたんだけど

この前
いつも「味噌ラーメン 大盛 太麺」をよく食べに行く食堂で
勇気を出して言ってみました!

- 再現 -

私  食堂のドアを開けスタスタとカウンターの席に座る

店の人  水をおしぼりを持ってくる

私 (メニューを見ずに) 「いつもの味噌ラーメン 大盛」 

店の人 「太麺?

私 「そう太麺で

ジャーン これって、私がいつも太麺を注文するのを覚えていてくれたってことですよね。
ということは、私はこの店の常連さんだと思っていいのではないでしょうか。

さらに常連度をレベルアップさせる次の課題は

”店員さんと話をすること”

でもこれ、超ハードル高いです。

2022.06.12 Sun ラベンダーの花を摘んで壁に吊るしました。いい香りがします。

花壇のラベンダーの花。
先日摘んで3日ほど乾燥させました。
最初はあまり香りがしなかったんだけど、乾燥するにしたがって香りが強くなってきました。

そこでいくつか束にして、家の数ヶ所に吊るしました。
写真はリビングに吊るしたラベンダーです。

DSC_1559_20220611190148380.jpg

大きな赤べこの下でいい仕事してくれていますよー。
ロッキングチェアに座りながらこの香りをかいでいると 
確かにリラックスできるような気がします。

花壇には新たな花が何本も咲き始めています。
そこで、18日の営業日に
今咲いているラベンダーの花を差し上げます。

ちょっとストレスが溜まっている方
ちょっとお疲れの方
気軽にお声がけください。
無くなり次第終わりとなります。

2022.06.11 Sat 子どもの頃、雲がいろいろなものに見えました いまも

- 昨日からの続き -

私は小さい頃から青空に浮かぶ白い雲を見るのが好きでした。

夏休みの地域プール。
暑いからプールに行くのだけれど、すぐ唇が紫色になって寒くなってしまうんです。
かといってすぐ上がると恥ずかしいので強がって平気なふりをしていました。
休憩の鐘が鳴ると一目散にプールサイドに上がり仰向けに寝て背中を温め、そして青空に浮かぶ雲を眺めました。
00002841.jpg
眺めていると雲がいろいろなものに見えてきて、不思議な世界を想像しました。
巨人だったり 恐竜だったり 円盤だったり ソフトクリームだったり …
大きな雲はその上に地球と同じような世界があるのではないかと思いました。

そんな時間がとても楽しくて好きでした。

今もときどき空を眺めます。
子どもの頃と同じく、今も雲はいろいろななものに見え想像が膨らみます。
ちょっとだけ恥ずかしいけれど
子どもの頃と変わらないでいることが嬉しいです。

2022.06.10 Fri 山猫道具店 林の中にあるみたいです

今日は午前は雨降りだったけど、午後になると止んでいい天気になりました。
久しぶりに山猫道具店で作業をしました。
実はこのところ別の用事で忙しくて、店に行っても庭の花の世話をするくらいでまとまった時間が取れずにいたんです。

今は小引き出しの直しをしています。
外に板を敷いてその上で作業をしました。
日差しはさほど強くなく、風も涼しくてとてもいい気持でした。

店の縁側に腰を下ろして休憩しました。
庭もいい感じになっています。
山猫道具店がちょうどモミジの枝葉の間から透けて見えて、
DSC_1562_20220610205411da2.jpg
まるで避暑地の林の中にあるようです。

うさぎやが買ってきてくれたメロンパンを食べながら木々の音を聞いていると
別世界にいるような気になります。

空を見ると青空に白い雲がポカポカ浮いていました。
子どもの頃から、空に浮かぶ雲を見るのが好きでした。

― 続く ―